スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちらし

見たいチラシがある。

見よう、と、思ったままずっと部屋にある。

読みたい本がある。
読むつもりでずっと棚にある。
見たいドラマがある。
見るつもりで録画したまんま。
新幹線で読むつもりだった新聞紙。もう2週間前じゃないか。

じゃあ、毎日、なにしてるのかっちゅーこと。

・・・起きた途端、急いで支度してどっか行く。
帰ったら、倒れそうにメシ・フロ・寝る。

みんな、いつ新聞やら雑誌やら読むんだろう。
唯一、私の場合、新幹線だが、しなきゃいけないメールの返事やらなんやらで、すぐ名古屋。
あーあ。数ページで、京都。トイレして大阪。

・・・なんなん。
いったい。



バレエの帰り、いつもと違う部屋で着替え、帰ろうと思って外出たら、なぜか私だけがハダシ。
皆、靴履いてる。なんでこーゆーことになるん?
いつ、何をしくじって、服着て、ハダシで私、外歩いてるん?

「なんで私だけ、ハダシ?」

とりあえず隣を歩く人に聞いた。

「みな、けいこ場から違う部屋に着替えに出る時、さりげなく自分の靴も靴箱から持ってくるのよ」と教えてくれた。

そっか。
そーゆー段取りをみなしてたのか。

なんも考えず、トゥシューズのまま、レオタードから服に着替えたら、そりゃ、着終わって外出たら、ハダシやわな。

変やで。
全員が服着て靴履いて歩いてるのに、私だけ、服着てハダシ。

人生、どこかで、何かを、やりそこなってそのことに急に気づいて焦ったっちゅー感じ?

「みんな、なんで、いつ、靴はいてるん!?」と叫んだ。

面倒見のいい友達が、私の靴を、靴箱から渡してくれた。

「これやろ」
「うん」

・・・なんで私の靴知ってるん?

やっぱ、私は、愛されてる。

妄想やけどな。




プロフィール

はるかようこ

Author:はるかようこ
タレント・作家の遙洋子公式ホームページ内のブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。