スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんな

あんな、タクシーの運ちゃん。

新大阪へ、言うたら、勝手にルート走らんといてくれる?

すいてるけど値段が高い遠回りルート。
つい走ってしまう混んでるルート。
「俺こんな裏道しってんねん」ルート。

運ちゃんのルートはだいたいこの三つや。

でもな、私には、“私のルート”っちゅーのがあるんや。

「あっ。それは遠回りや。〇〇ビルの横通って」
「遠回りやけど、早いでっせ」
「〇〇ビルの横行きたいねん」
「わかりました」

わかりました、言うから用事したやん。
そしたら運ちゃん、〇〇ビルいけへんやん。

「〇〇ビルの横、言うたでしょっ」
「それやったら、〇〇ビルの前、いうてもらわんと」
「〇〇ビルの前、のまえに、横、でしょ。横走らんとどうやって、前いくの」
「最初のルートが早いんでっせ」
「私は、〇〇ビルの横を走りたかったの。運ちゃんには運ちゃんの考えがあり、それは運ちゃんによって異なる。私は、“私の”もういっかいいうで、〇〇ビルの横!!を走って、と、言ったんや」
「でも僕は」

でも僕は、でも俺は、でもワシは。このフレーズ何万回も聞いて育ったんや。
もううんざり。聞き飽きたんや。
でも俺は・・・。

わたしは!や。私は、「私は」と言ってるんや。
なんで、「でも僕は」と、言うんや。
あんたは、恋人か。親か。兄か。
それでも、私が「私」という限りにおいて、「私が」行きたい道を走らなあかんねん。

「でも僕は」言う男は、男の客が「〇〇ビル」言うたら、「へいっ」言いよるねん。
私が女やから、「でも僕は」

うんざりじゃっ。

おかげで、乗る新幹線、20分も遅れてしもたやんっ。

あわてて朝食のサンドイッチ買って、新幹線。


ところで、なんでサンドイッチのビニール袋、開けにくいん?
開けた途端、なんで、飛び出して、サンドイッチ床に落ちるん?
なんか、私、悪いことした?

くどいようやけど、サンドイッチ、なんで座席の下に落ちるん?

グリーン車やからな。
おっさんが、靴脱いで、お行儀悪く座っている、あの、水虫菌だらけの、床に、なんで落ちるん?

・・・・拾ったわ。
・・・・迷った挙句、床に触れたであろう部位をちぎって捨てて、食べたわ。

周りをちぎったらな。
サンドイッチ、どーなると思う?
クッキーくらいの大きさになるんやで。
知ってる?

サイテー。

サイテーの一日の幕開け。

すべては聞き飽きた「でも僕は」から始まった。

おっさんな、生涯、おっさん同志には「はい」言うて、女には「でも僕は」言うとけっ。

おかげで、サンドイッチ、・・・クッキーになったやんけっ。

プロフィール

はるかようこ

Author:はるかようこ
タレント・作家の遙洋子公式ホームページ内のブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。