スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらめき

料理、っちゅーのは、ひらめきだ。
自分の体に聞く。
どんな食材に食指が動くか。

肉か。
海鮮か。

おやつに、カラムーチョ食べた。

途端に、夕食時、体に何を問いかけても、センサーが働かない。

・・・何が食べたいか路線が鮮明にならないのだ。

とりあえず冷蔵庫を開けてみる。

エビがあった。

“エビだ”と脳が決めた。
エビに、とりあえず、冷蔵庫のシイタケやらコーンやらを入れ、卵で固めよう。
そうだ。

だが、味付けはなんにする?

わからない時には、兄嫁の助言を思い出す。

「料理ってな、最後に醤油かけたら、料理や」

・・・醤油かけた。

だがいまいち量が足りない。

冷凍庫の肉を焼いた。

もうこの時点で、今日のテーマはばらばら。
肉なのかエビなのか、主役がダブルキャスト。
ならば、野菜はどうするのか。

きゅうりとトマトでいいじゃないか。

食べ終わる。
足らない。

キャベツを切ろうと思ったが、刻むのが面倒でそのまま食べる。

腹はいっぱいになったが、納得がいかない。

・・・で、今日の主役は誰だ?
肉か?エビか?
脇は誰が固めたのか。
きゅうりか?キャベツか?
今日観たのは歌舞伎か?野球か?というくらい、首かしげたまま夕食を終える。

すべてが狂った原因は、わかっている。

カラムーチョだ。

もう連日食べている。
辞められない。

カラムーチョ食べてから、ひと寝入りしてしまった。
起きずヘタすると、晩御飯が、カラムーチョ、ということになるところだった。

危なかった。

「どうすれば美しく?」というメールが今日もHPに届く。

・・・カラムーチョに振り回されて生きてる。

こんな回答できるか?




プロフィール

はるかようこ

Author:はるかようこ
タレント・作家の遙洋子公式ホームページ内のブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。