スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野

中野っちゅーとこは、昔、住んだこともあるけど、やっぱすごいな。

昔っちゅーことは、「住みにくかった」というわけで・・・。
どう住みにくかったかというと、住宅ばっかしで、店がない。
・・・かと思うと、唐突に、金物屋だけがポツリとあったりする。


久し振りに中野行ったけど、まず、パーキングがない。
曲芸か、という技術を必要とする一角にパーキングがあったりする。
やはり、だれも止めていない。

っていうか、止められない。

友達の家の「ここ車止められるの」という場所に止めた。

うそ!というほどのちっちゃな敷地。

これを、中野止め、と呼ぶ。
ふつうに「まだ5センチ、横に寄れるよ」が、駐車時の会話。

頼むから、のびのび止めさせてくれっ、という願いは、中野区では幻想。
その変わり、中野止めが出来たら、世界中、どこでも、半畳あれば車が止められる技術が身に付く。


蚊が多い。
雨あがりだ。

唐突に薬局があるが、予想どおり、虫よけスプレーという普通、ドラッグストアにおいているものはない。

「虫よけ濡れティッシュなら、一個だけ、あります」

・・・虫よけ濡れティッシュ!?
一個?
それ探すほうが難しいわ。

で、なんで、突然、お茶碗屋があるん?

それ探すほうが難しい。

友達に聞く。
「ここ、住みにくくないの?スーパーは?」
「ないね。かなり遠くに行かないと」
「駅は?」
「歩いて15分」
「遠っ・・・。コンビニは?」
「コンビニ自体が、ないよ。このエリアには」

スーパーも、コンビニもなく、茶碗屋だけがある。
大阪では考えられない街づくり。
そういえば、私が住んだ中野も、コンビニも喫茶もないのに、乾物屋だけはあった。


大阪はいいな。

町内会ごとに喫茶店がある。
スーパーは、競い合う2店舗がある。
コンビニは、道挟んでライバル店が2個ある。
とにかく常に、競い合う。

駐車場だらけ。
でもよーく値段見ないと、コインパーキングとは名ばかりの、ぼったくりパーキングがある。
・・・これ、大阪取り。
地元の人間はひっかからない。
100円でも安いパーキングを知っている。
他から来た人間をひっかけるために、ぼったくりパーキングがある。

中野止めと、大阪取り。

さあ、どっちが怖いか。

そりゃ、大阪やろ。ヘタしたらお金取られる。
中野は、高度技術が必要なだけ。
ただ、・・・住むには力がいる。

天満市場の屋上に住みたい、と、願う私には、とうてい住めそうにない。








スポンサーサイト

あんな

あんな、タクシーの運ちゃん。

新大阪へ、言うたら、勝手にルート走らんといてくれる?

すいてるけど値段が高い遠回りルート。
つい走ってしまう混んでるルート。
「俺こんな裏道しってんねん」ルート。

運ちゃんのルートはだいたいこの三つや。

でもな、私には、“私のルート”っちゅーのがあるんや。

「あっ。それは遠回りや。〇〇ビルの横通って」
「遠回りやけど、早いでっせ」
「〇〇ビルの横行きたいねん」
「わかりました」

わかりました、言うから用事したやん。
そしたら運ちゃん、〇〇ビルいけへんやん。

「〇〇ビルの横、言うたでしょっ」
「それやったら、〇〇ビルの前、いうてもらわんと」
「〇〇ビルの前、のまえに、横、でしょ。横走らんとどうやって、前いくの」
「最初のルートが早いんでっせ」
「私は、〇〇ビルの横を走りたかったの。運ちゃんには運ちゃんの考えがあり、それは運ちゃんによって異なる。私は、“私の”もういっかいいうで、〇〇ビルの横!!を走って、と、言ったんや」
「でも僕は」

でも僕は、でも俺は、でもワシは。このフレーズ何万回も聞いて育ったんや。
もううんざり。聞き飽きたんや。
でも俺は・・・。

わたしは!や。私は、「私は」と言ってるんや。
なんで、「でも僕は」と、言うんや。
あんたは、恋人か。親か。兄か。
それでも、私が「私」という限りにおいて、「私が」行きたい道を走らなあかんねん。

「でも僕は」言う男は、男の客が「〇〇ビル」言うたら、「へいっ」言いよるねん。
私が女やから、「でも僕は」

うんざりじゃっ。

おかげで、乗る新幹線、20分も遅れてしもたやんっ。

あわてて朝食のサンドイッチ買って、新幹線。


ところで、なんでサンドイッチのビニール袋、開けにくいん?
開けた途端、なんで、飛び出して、サンドイッチ床に落ちるん?
なんか、私、悪いことした?

くどいようやけど、サンドイッチ、なんで座席の下に落ちるん?

グリーン車やからな。
おっさんが、靴脱いで、お行儀悪く座っている、あの、水虫菌だらけの、床に、なんで落ちるん?

・・・・拾ったわ。
・・・・迷った挙句、床に触れたであろう部位をちぎって捨てて、食べたわ。

周りをちぎったらな。
サンドイッチ、どーなると思う?
クッキーくらいの大きさになるんやで。
知ってる?

サイテー。

サイテーの一日の幕開け。

すべては聞き飽きた「でも僕は」から始まった。

おっさんな、生涯、おっさん同志には「はい」言うて、女には「でも僕は」言うとけっ。

おかげで、サンドイッチ、・・・クッキーになったやんけっ。

東京

移動しそびれる。
理由は・・・

仮眠したら最終が出てしまった・・・。

オーマイゴッド!

明日朝イチで東京に出なあかんやん。
そのうえ、また、晩御飯が深夜になってしまったやんっ。
どーなん、この、狂った日々。

深夜にコンビニで買った卵。
卵にそう格差があるとは思わなかったけど、
こうも、まずいとは。

卵にうまい、まずい、があるとは知らなかった。
スーパーで買うのが普通の卵、と、思って食べていた。

ゆで卵やで。
いったい、どう、まずく作れる?
私の腕じゃない。

“卵”が、まずいんや。
たぶん、ニワトリへのエサがまずいんやろう。

体づくりの前に、食がある。
食するものの前に、食へのエサがある。
たぶん、エサの前に、流通やら農業の価格競争がある。

食材は、ベストは市場。次にスーパー。非常手段でコンビニ。

しつこいようやけど、“ゆで卵”やで。
ゆで時間、タイマーも一緒やで。
かけた塩も一緒。
それで格差を実感できるねんから、どんだけまずかったかわかる?

よくテレビで言う「〇〇コンビニの〇〇がうまい」

うそつけっ。

天満市場の食材が、大阪では一番うまいわっ。

天満市場の屋上に住みたい。
バレエも天満。
テコンドーも天満。
ついでに言うたろか。

関西テレビも、天満。

人生、天満で完結できる。

パリにもロンドンにも行きたくない。
ずーっと、天満に居続けたい。




疲れた

今日はたくさん用事した。
その中のひとつ。

バレエ。

「遥さん、しんどそう」

「淡路島から走ってきてん」

「淡路島から大阪まで、ジョギングしてきたん?」

真面目に会話する。
素人さんとの会話ゆーのんはほんまおもろい。
淡路島から大阪までジョギングしたら・・・3日はかかるやろっ。
足やなく車で走ったんや。それでもふらふらや。

トゥシューズの足首を巻くテープの先がほころびていた。
バレリーナの手法として、テープの先のほころびは、ライターの火でさっとあぶって繊維を溶かすともうほころびない。

いつもそれ用に持ち歩くライターで、火をテープにあてた。

・・・燃え出した。

うそ。

「わーっ!わーっ!わーっ!」と燃えるテープを素手で消した。

・・・やけどした。

疲れているとまったくロクなことがない。


いくつかの用事を済ませ、その間、兄と何度もメールする。
今夜、メシを一緒にするか否か。

忙しいのと疲れているのと、で、私の文章は短文メールになる。
兄はメール初心者。
すると、どうなったか。

すべての用事を済ませ、実家に食事をしに久しぶりに帰った。
ランチを食べる暇がなく、夕食も9時近くになってしまった。

「ごはん」と言った。
「へ? 今日はいらないってお兄にメールしたんじゃないの?」と兄嫁。

短文メールが誤解を呼んだ。
「食べる」が、「食べない」と理解させてしまうヘンテコなことになる。

「あんた、ご飯いっぱい炊いといて、いうてお兄にメールしたやん」と兄嫁。
「そや。部屋にご飯ないから、炊いたご飯もって帰りたかったんや。でもな、それもって帰るためだけに、実家に来るか?食うやろ?」

メールの読解力や表現の限界がここにある。

兄に聞いた。

「妹からメール来たら、うれしいか?」
兄はうん、と、うなずいた。

兄嫁は「簡単なもんで食べて帰り」という。
私は、「簡単なもんやったらいらん」という。
わーわー、言いあう。

で、また、兄に聞く。
「妹から、メール来たら、うれしいん?」
兄はまた、うん、と、うなずく。
たぶん、3回目聞いても、兄はうなずくだろう。

ほんなら、今後も、誤解、偏り、歪曲、を覚悟でメールしよう。
そう思いつつ、ご飯だけを、ビニール袋に入れて、もって帰った。

11時になった。

朝からずっと、なんも食べてないやん。

お腹ってすごい。
「今日はどうやら食べれない。」と観念したら、お腹もすかない。

私は筋肉をつけたい。
深夜12時からでも、肉食う。翌日の朝は卵食う。

冷蔵庫開けた。

・・・卵ないやん。なんもないやん。炊いたご飯としおれて枯れたシソの葉しかないやん。

深夜3時。

卵、買いにいく。

いつ寝るねんっ。










あの

淡路島で有名な、ホテルアナガを初体験。

・・・寝坊した。

大阪で寝坊して、急いで淡路島へ行くっていう気持ち、わかる?
大阪で寝坊して、急いで天満に行く、とか、西宮に行く、とかじゃない。
淡路島に、寝坊してん。それも淡路島の最南端。

寝坊したらいつも迷う選択肢。

化粧をとるか、朝食をとるか。

食うほうをとった。

高級ホテル、あの、ホテルアナガでパーティ&仕事、に、寝坊だぞ!
この気持ち、わかる?


アクセル踏み続け、ノンストップで淡路島へ。

寝坊した講演日とかによくやる手として・・・

とりあえず現場近くにたどり着き、近所の喫茶店で、化粧してからシレ~っと現場入りする。っちゅーやつ。
あれ。
あれをしようと思った。

高速インター下りた。
すぐ、ホテルアナガだった。

そこには、海、があった。

・・・喫茶店、ないやん・・・。

・・・どこで化粧すんの・・・。

絶望を、潮風と日光があざ笑う。

大勢が出迎えてくださるのが見えている。
そこに、衣装も着ず、(急いでたので、衣装はクリーニング屋さんからピックアップしたまんまトランクの中)、
楽~な服で長距離運転をし、サングラスとマスク、だ。

ほぼ、ジャージ姿でサングラスとマスクで現場入りした講演会など、かつて経験したことない。

どーしょー。

どーしょー。

思ってたら、玄関に着いてしもたやんっ。



着くなりホテルマンが「お待ちしておりました」。
言われるなり、私。
「着かなかったことにして。私を見なかったことにして」
「かしこまりました」

ホテルマン、すごいね。
一流ホテルっちゅーのは、客がドロボーみたいな恰好で入っても、変身するまで隠してくれるねんから。
ブランドのボストンバックじゃなく、トランク開けたら、近所のクリーニング屋さんのビニール袋で、それ、運んでくれるねんから。

くどいようやけど、ジャージと、ビニール袋やで。
しつこいけど、一流ホテルやで。


化粧をした。

「ついた、っちゅーことにして」
「かしこまりました」

そして、主催者の方々と、ご挨拶。

もー、完璧。
100点!

到着するなり、「着かなかったことにして」が、理解できるホテルマンが日本に何人いるだろう。

世界でも、いるだろうか。

まだまだ知らんトップレベルっちゅーのがあるんやなぁ・・・。
家は出てみるもんや。







収録

今日の収録。

整形メイク。

美容整形したのかというほどのメイク術をさして言うのだそうだ。

実際、女性スタッフがモデルですっぴんから整形メイクまでを披露していた。
会場は変身ぶりにどよめいた。

はて・・・・と、私は思う。


・・・いつもの私のメイクのほうが濃い。厚い。もっと言おうか。うまい。早い。出来栄えもいい。
なにが整形メイクだ。
“メイク”ということ自体、限りなく整形に近い画法だ。
私は遠近法やら、濃淡やら、アクセントやら、小物やら、使えるものすべてを駆使してきた。

なーにが、今ごろ、整形メイクじゃっ。
とーっくに、うちら、やっとるわ。

放送を楽しみにしておいてください。
私のメイクのほうが濃いから。。。



1日中、スタジオでテンション高く喋っていたら、鼻息荒くなって、帰れなくなった。

昼から夜までとにかく喋り続けた。
テンションを下げに、寿司、行く。喋り続ける。

もっとテンションを下げに、家で友達と長電話する。

テンションを下げ・・・・上がっとるやんけっ。

ひとりじゃなきゃだめだ。

やっぱ。一人になって初めて語ることを辞められる。

あ。ブログ書かなきゃ。

・・・って、まだ手で喋ってるやん。

テコンドー

テコンドー、体験した。

感想は・・・

びっくりした。

人を蹴るのだ。いや、蹴り上げるのだ。
回し蹴り、とび蹴り、降りおろし蹴り。

そして、殴るのだ。グーで。

カルチャーショック。
格闘技だとは理解していたつもりが、実際に、蹴れるもんじゃない。
なぜなら、その人を蹴る“理由”がない。
なにも悪いことしてないし、怒らせることもしてない。
なのに、・・・蹴るのだ。

そーゆー、格闘技。武道。とかのカテゴリー。
バレエとぜんぜんちがった。

やってみると・・・

自分の奥深い感情のどこかに、そういう願望があることに気づく。

先生に聞いた。
「寝てる時、自分の怒鳴り声で目覚めたことはありますか?」
「ないです」

・・・そりゃ日頃、これだけ殴る蹴る、・・・いや、格闘技をしていたら、怒鳴りたいことってあるだろうか。
ひょっとして、私には、精神が格闘技を必要としているのかもしれない。

テコンドー。

また行ってみよう。
ひょっとして、喧嘩。
好きかもしれない。

強い女は美しかった。
感動した。

私は口だけが強い。
体も強くなりたい。

両方強くなって・・・・で、どーすんねん。なにすんねん。


しかしなんやね

コラムを連載するっちゅーのは、なかなかデリケートなもんやね。
まず、前日寝る前から、思う。
「明日はコラム締切日だ」

つまり締切ぎりぎりまで書かない。

朝、起きたら、っていうか、起きてもなお、思う。

「なんか、書くことあるかなぁ」

ご飯食べて、数本メールの返事し、数本電話し、デスクに改めて向き合う。
ワードソフトを立ち上げる。
白紙のワードが広がる。

・・・で、思う。

「なんか、書くことあるかなぁ」

カーテンで日差しを調節し、パソコンを見やすくする。
あれやこれやしながら、思う。

「そや。エステ、予約しよ」

急にエンジン入る。

「エステまでに書いて仕上げなきゃ。なぜなら、エステいくから」

一気に原稿用紙10枚ほどを書き上げ、提出。
不思議だ。
なーんも、何ひとつ頭の中に書くことがなかったのに、スイッチが入ると、最後まで書きあがる。
いっつも、そんなふうに書いている。




ほぼ紫外線筒抜け日傘をさして、エステに行く。
その時にはもう、午後のおやつのことを考えている。

エステ中は、もう、晩御飯のことを考えている。



スーパー寄った。
スイカをかごに入れた。
レジのお姉さんが言う。
「今日は、スイカ安いからな」
「うん。安い」
カラムーチョはまだ部屋に3個ある。

もう風呂上りに何食べるか決めている。
スイカ。
そして、99%、カラムーチョ食べる。

風呂入った。

・・・カラムーチョ食べた。

「カラムーチョがやめられへんねん・・・」と友達に相談する。
「洋子ちゃん、昔は、さやえんどうスナックがやめられへんねん、言うて悩んでたで」

・・・そうかっ!
いつか、止めるんだ。
今、止められないだけで。

あきるまで食べてやる。
カラムーチョを、さやえんどうスナックのように、過去のものにしてやる。

友人は必要だ。
過去の自分を覚えてくれている。

そういう友人は昔、満月ポンがやめられなかった。

友達の過去も、私が覚えている。
私には、満月ポンの、どこがいいのかわからない。

お菓子と、彼氏、って似ている。

友人同士互いに、「なんでそんなスナック菓子に」と「なんでそんな男に」と、思ってる。
・・・で、結局、いずれどっちも卒業する。

はっはっはー、や。






かるーく

友人を、運動に誘った。
同業者っちゅーのは、まず、時間が合わない。

結果、運動が終わる頃、合流することになった。
その後、夕食を一緒にすることに。

「じゃ、運動前に、私、かるーく食べとくわ。その後、一緒に改めて晩御飯食べよう」

そうなった。

だが・・・すぐにその困難さに後悔することになる。

約束したものの“かるーく”の、分量がわからない。
いつも、空腹か、満腹か、で生きてきた。

カラムーチョだけ食べて運動するか・・・。
いや、それだけはやめとこう。

じゃ、キャベツだけかじって運動か。
それじゃ力が入らん。
迷ったあげく、野菜と肉とごはんを、つまり、普通に晩御飯を食べてしまった。

運動後、友人が来た。
近くにフレンチがあるそうだ。

夕食後の晩御飯にフレンチ!?とクラッときた。
「あかん。店もう閉まってた」と知人。
ホッとする。

「小龍包のうまい店があるよ」と知人。

そこにすることにした。
もうすっかり夕食を済ませた私にはフルコースじゃないほうが助かる。

「そこにしよう!」

メニューを見た。
中国名物鴛鴦火鍋、とあるじゃないか。

火鍋。
鍋だ。

小龍包も!
水餃子も。
焼き餃子も。

鍋のシメにラーメンも。
デザートは杏仁豆腐だ。

よーし。
紹興酒のむぞっ!

・・・・・・・・フルコースになった。
そこに自らはまり込んだんだ。私。

なんのために運動してん。。。
その前後に、晩御飯、2回食べた。
どーすんねん、それ。
どーする気やねん、自分。

帰り、車で送ってもらいながら、つぶやいた。

「なぁ、かるーく食べるって・・・難しいな」
「難しいやろぉ」
友達はぎゃはぎゃは笑って言った。
「がっつり食べてまうやろぉ」
「かるーく食べるって、言葉、ではあるけど、実際にはとれない行動やな」
「無理無理」

ほな、なんで、おまえ、最初からそう私に念押しせえへんねんっ、という逆切れを抑えることができたのは、
・・・満腹やったからやと思う。

腹キンキンにメシ食って、怒る、という行動も難しい。

ゲフー、と、帰宅した。

もう、二度と使わない忌わしい日本語。

「かるーく、食べとくわ」

カラムーチョひとつ辛抱できないのに、食欲が辛抱できるけっ。

寝るっ。

バーゲン

百貨店にいく。

夏、初めての買い物。
バーゲン。

エレベーターで壮絶な現場を見る。

出ようとするベビーカーと、入ろうとするベビーカーが真っ向から衝突した。
入ろうとする側は、譲ろうとしない。
ベビーカーvs ベビーカー。
だが、考えたらすぐわかる。
出ないと、入れない。

勝機は出る側にあった。エレベーター内の全員が出た、からだ。
負けた側の理由は、簡単だ。
入ろうとしたのが、ベビーカー一台で、他の客は出るのを“待った”からだ。

半額だし。
再値下げだし。
バーゲン最高!と思うけど、壮絶すぎる。

こんな光景を見るくらいなら、定価で買うわ。
普段のフツーの日に。


母親が自分の要求のみにこだわり、横に立つ父親がそれを容認したら、そこの子、どう育つ?
ちょっと考えたらわかるやん。
ベビーカー同志、押し合っても未来がないって。
服、安く買えたけど、将来が暗くなった。

それと、ひとつ勉強した。

ベビーカーは、武器になる、ということ。
憎い相手にぶつければいい。
体当たりっちゅーのもある。

あれは、子供を守るものだと思っていた。


またひとつ、賢くなった。

プロフィール

はるかようこ

Author:はるかようこ
タレント・作家の遙洋子公式ホームページ内のブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。