スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 1月1日 新年

新年だ。
今年は、孤独を磨く。
ひとりで人生をどこまでエンジョイできるか、そのクオリティを上げる。

友達から電話。
「ひとりか?」
「ひとりや」
「人間、生まれる時も、死ぬ時もひとりや」
「そや」
「せめて生きてる時くらい誰かと一緒にいたらどうや」
ひゃーっひゃっひゃ、と笑った。

正月はブログをアップする。
近所を散歩する。
どや!
スポンサーサイト

2011年 12月31日 おそば

年越しそばを食べるのだ。
京都南座の顔見世に行った時に、にしんを買った。

ふと、天ぷらそばもいいな、と、思った。
スーパーでエビ天を買った。

舞夢の社長が、「田舎から山菜おせち送ってきた」と車で届けてくれた。
「今ここで開けてごらん」
「すっごーい!」
「食べてごらん」
「うっまーい!」
「だろ?だろ?」


天満市場に行った。
「このサツマイモ、食べないと正月絶対後悔する!」
そういわれてイモ買った。

夜。

迷ったが、結局、にしんと天ぷらを入れたそばを作った。
正月まで待てず、山菜おせちも食べた。
サツマイモ一本ごと食べた。

・・・・そばだけのつもりだったのに・・・・。

2011年 12月○日 常務

長く芸能界にいると、出会った時にはAD、アシスタントディレクター、つまりパシリだった男性が、今は局の常務になっていた。
役員だ。

税と社会保障がテーマの番組に出たので、それを見るよう頼んだ。
後日ランチに行った。

「感想は?」
「やはり、政府はどうしようも・・・」と言いかけたので止めた。
「違う!、そんなこと聞いてない」
店の女将が言った。
「美しすぎて、番組で何を喋っているかは耳に入らなかった」
「そう!それが感想や!」

番組の感想など誰が聞いておるか!タレントが感想を聞く場合、私の感想だ!と、説教した。
出会った時がADだと永遠にADだ。
どうしたら常務として会話できるのか、私の課題だ。

2011年 12月○日 タカラジェンヌ・・・

よく「宝塚出身ですか」と聞かれる。
「歌って踊れそうですか?」と聞き返す。
「はい」
「喋ることしかできません」

本物のタカラジェンヌを知らないからそんなことをいうのだ。
本物は私なんかと全然違ってかっこいい。
素人め・・・。
もっと言ってやる。
ドシロウトめ。

そう思っていた。

鳳蘭さんの楽屋に初めてうかがうことになった。
初代フェルゼン様に胸がときめいた。
鳳蘭さんが私に言った。
「あんた、宝塚の子やな」

・・・もう、「はい」と言うことにした。

2011年 12月○日 ライブ

年末だ。友達のライブに行った。
飲み食いできるライブホール。
憧れのコットンクラブ!

ライブ終了までにテーブルで支払いを済まそうと店員を呼ぶ。
何度「すみません」と呼んでも気づかない。
ライブの音量に消される。
大声で呼んだ。
「すみません」
呼ぶ直前、音量が消えた。

・・・・ステージ上の友達がマイクで私に返事した。
「なに?」
・・・消えてしまいたいと思った。
・・・死んでしまいたいと思った。
・・・店員はまだ来なかった。
プロフィール

はるかようこ

Author:はるかようこ
タレント・作家の遙洋子公式ホームページ内のブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。