スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月□日 お引越し5

新しいマンションに引っ越しした。

途端にうきうきした。

友達が「引っ越し貧乏になるで」と私をいさめた。

2回引っ越ししたら本当に、貧乏になった。

途端に、「金がない」が口癖になった。

途端に節約家になった。これからは絶対贅沢しないと決めた。

ポルシェのディーラーが車検の代車に真赤なポルシェを持ってきた。

「試乗してください。買いませんか?」

「買いたくなるやんっ!」と怒った。

もーっ。今、貧乏なのに!!と怒った。

もーっ。もーっ。

・・・・・乗りたいやん。真赤なポルシェ。

・・・・・あかんやん。

 

スポンサーサイト

2009年12月○日 お引越し4

新しい物件を見ることにした。

今はどこもかしこもIHだ。

古い賃貸でガスがあると頬ずりしたくなった。

でも物件は古い・・・。

あるマンションを見学に行った。

窓から下を眺めると、真下にコンビニがあった。

コンビニが見える窓に頬ずりしたくなった。

「ここにしよう」

そう決めた。

コンビニがあって、カフェがあって、スーパーがあって、銀行があった。

天国に思えた。

2009年12月□日 お引っ越し3

IHにむかつく。

「やっぱりガス」だ。

楽屋で衣装に着替えながらまだ愚痴る私にスタイリストが言った。

「洋子ちゃんはまだIHのすごさがわかっていない」

しかし、IHになってから私の食卓から焼き魚と焼きナスが消えた。。。

これが涙が出るほど悲しい、喪失感がある。

家でIHを愚痴ると兄嫁が言った。

「IHで電波が体を走るのがわかる」

他の兄嫁が言った。

「それは安物のIH。高物は電波など感じない」

ロフトで、焦げ目のできる魚焼きグッズが売っていた。

「これ買えば、お魚に焦げ目つきます?」

店員にそう聞きながら、涙が出そうになった。ガスが恋しい・・・。

2009年11月△日 お引越し2

友達が私の新しいマンションを見にきた。

「ちゃんと見て、正直に感想言ってな」

「わ!鍵がタッチパネルや!」

「そんな感想じゃなく、物件としてどうかや」

「わ!生ゴミディスポーザーがついてる!」

「そんなんじゃなく!」

「わ!部屋の中がグルッと一周できる!」

「だから・・・(苛)」

「わ!ブラインドが電動や!」

「物件の値打ちはどうやねん!?」

「新しい匂いがする・・・」

「物件見ていうてんねん」

「絵がきれいなぁ」

・・・マンションは、誰かにはストレスでも、他の誰かにはこれほどエキサイティングなものはないようだ。

好みはいろいろ。どうやら私のイラチに問題がある。

 

2009年11月○日 お引越し1

友達に会うたびに引っ越しの愚痴が出る。

「タワーパーキングが遅いのが気に入らない。ゴミ捨場があっちこっちに別れてて不便。スーパーがない。コンビニがない。エレベーターで出会うジャージ姿のファミリーが気に入らない。あれも面倒。これも嫌。」

お好み焼き一枚食べ終わるまで愚痴った。

友達がそんな私に言った。

「そんなゴサイの子みたいなこと言ったらだめ」

「・・・・!? どういう意味?」

「わがままで聞き分けがないという意味」

「ゴサイの子?後妻さんの子って、わがままなん?後妻の子なら先妻の子に気使っていい子になるんちゃうん?」

「誰が後妻や。五歳の子や。赤ちゃんみたいなこと言うな、ゆーことや」

床を転がりまわって笑った・・・。

 

 

プロフィール

はるかようこ

Author:はるかようこ
タレント・作家の遙洋子公式ホームページ内のブログです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。